鼻づまりの原因はさまざま|病院に行ってスッキリしよう

ドクター

クリアに聞こえる

看護師

デジタル補聴器は周囲の雑音に惑わされることなく、快適に日常会話を聞き取ることができます。また、ネット通販や販売店などのホームページからでも、自分がほしいタイプのものを手に入れることができます。

More...

原因はいろいろある

耳に手をあてる人

難聴の原因はさまざまで加齢によるもの以外にも大音量を継続的に聴いた場合や遺伝、ストレスなども原因になるようです。そういった時には補聴器を使用すると会話などをクリアに聞くことができるでしょう。

More...

選び方がポイント

病院

補聴器の選び方で重要な事は、まず耳鼻咽喉科を受診するという事です。難聴の程度は当然人によって違いますし、その人の生活環境や好みの音も違うので、受診する事で自分に合った補聴器がどのようなものかがわかるでしょう。

More...

原因を調べよう

マスクの女性

補聴器相談医に相談して決める

難聴は高齢者に多くみられますが、本人に自覚がないため、補聴器を使用している人の割合は低くなっています。補聴器を使うと決めても、どこに行けばいいか、選び方がわからないという問題があります。 まず、耳鼻科に行き、聴力を測ります。難聴でも治療が必要なものかどうかが分かれます。補聴器が必要な場合には、補聴器相談医が選び方や使用の仕方の相談にのり、アドバイスしてくれます。また補聴器外来がある病院では、その科を受診してもいいでしょう。 補聴器を買いに行く場合、現在は補聴器専門店があるので、昔のように眼鏡店で買うよりも商品がそろっていて、選び方も教えてもらうことができます。認定補聴器技能士がいる専門店が多くあるので、どんな状態で、どういう聞こえ方を望んでいるのか、などを伝え、予算にあった商品をいくつか選んでもらいます。あとは好みのタイプを選ぶだけです。

一般的に普及している価格帯

補聴器は通販などでも買えるほど、いろいろな種類が出ています。2,3万で買うことのできる商品もあります。補聴器は耳かけ式と耳穴式に分かれ、耳穴式は、耳の穴の中にいれるため、オーダーメイドになり金額も高くなります。 外見の耳かけ式と耳穴式の違いのほかに、性能の違いもあります。選び方は実際に専門店で試聴して決めるといいでしょう。価格の高い物には、雑音を最大限に排除する機能や、自分の声が不自然に聞こえないなどの優れた点があります。また調節機能がついていて、場面に合わせて調節することも可能です。 一般的な価格は、4万円から10万円です。普及品は11万円から20万円、中級品が21万円から28万円、高級品が28万円から35万円、超高級品は40万円から50万円程度です。

原因がある

耳鼻科で補聴器をつくってもらうことは出来ますが、その他にも鼻づまりなどの病気で利用することも出来ます。鼻づまりには幾つか原因があります。炎症によって鼻の粘膜が腫れてしまうことで症状が現れる場合や鼻汁がたまることで鼻づまりになってしまうのです。他にも、鼻の中にデキモノができたり、異物が詰ったりすると鼻づまりの原因になることもあるでしょう。そういった場合は近くの耳鼻科に行き、適切な治療を受ければすぐに完治することができるでしょう。アレルギーが原因の場合は月に一回程度通院する可能性もあるので、病院に確認するといいかもしれません。