鼻づまりの原因はさまざま|病院に行ってスッキリしよう

先生

選び方がポイント

病院

選び方の注意すべき点

自分にあった選び方を決めることで指針ができます。それに加えて、病院では信頼できる補聴器販売店を紹介してもらう事ができます。最近は通信販売などで、手軽に購入する事ができますが、補聴器にはメンテナンスが必要です。販売店ですと定期的なメンテナンスもできますし、聴力の変化や、生活環境の変化にも対応する事ができます。補聴器は、細かい調整を繰り返しながら、使用するものです。聴力や状況に適切に合わせていく事で、その効果が最大限に発揮されます。このように、選び方にも注意が必要です。

様々な制度を利用しましょう

補聴器の選び方を考える上で、価格や補助の制度も重要な点です。健康保険や生命保険では、補聴器を支給される事はありません。ですが、公的助成や、医療費控除を受けられる事はあります。総合支援法による障害者手帳の保持者には、難聴の程度に応じて補聴器の支給を受けられる制度があります。他にも個々の自治体が、独自に補助を行っている場合があります。高齢者を対象としている自治体や、子どもを対象としている自治体など色々あります。助成の内容も自治体によって様々ですので、一度問い合わせてみるのが良いでしょう。後は、医療費控除を受けられる場合もあります。医師に、治療の過程で補聴器を必要だと判断され購入した場合にのみ、控除を受けられます。補聴器は決して安いものではありません。様々な制度を利用して、購入すると良いでしょう。